2007年09月16日

倖田來未、くぅちゃんデビューの道のり

2007年の今、超売れっ子の倖田來未だがすぐに売れたわけではない。倖田來未は1999年高校在学中にテレビ東京系のオーディション番組 ASAYANのモーニング娘。追加オーディションでも最後の方まで残ったが、倖田來未は、先に行われていたavex dream 2000で準グランプリを受賞し2000年12月にエイベックスからデビューした。

倖田來未は日本デビューより先に「KODA」として全米デビューした。ちなみに倖田來未が出場したモーニング娘。追加メンバーオーディションで最後に残ったのが後藤真希である。このオーディションは、倖田來未のいとこが勝手に応募していて、藤本美貴も受けていたと2006年11月30日にフジテレビ、笑っていいとものテレフォンショッキングに出演した時のCM中に話していた。

倖田來未がデビューしたキッカケのオーディションavex dream 2000で優勝したのがその名の通り「dream」である。このオーディションには約12万人の応募があり倖田來未、dreamのほかにもキーヤキッスなど数組デビューしたが2006年12月現在ほとんどが引退した。

オーディションはグランプリになった人より、途中で落ちた人、準グランプリの人の方が後に活躍しているのが面白い。

倖田來未も準グランプリ。モーニング娘。も平家みちよの次点だし、玉置成実は途中で落ちた。中島美嘉もグランプリではなく、途中で敗退したパターンだ。

倖田來未はオーディションに 2つ同時に残っていてどっちかにしてくれと言われてエイベックスにした。そんな倖田來未にしてデビュー後すぐにはヒットに恵まれなかった。

くぅちゃんは、努力が報われて本当に良かったです。
posted by くぅちゃんも好き at 13:34| 倖田來未、くぅちゃんデビューのきっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。